老犬のケア対策について

老犬のお世話は思う以上に大変

犬が加齢に伴い心身ともに衰えていくごとに、お世話は大変になっていきます。
衰えていくことで大変になることとして、自力での歩行や食事が困難になる、排泄が正しい場所でできなくなってしまうといったものが挙げられますが、小型や中型犬ならまだしも、大型犬になると愛犬を移動させたり、排泄の処理をするだけでも一苦労です。

特に排泄においては、どこでもおもらしをしてしまうようになると、住居の掃除はもちろん、愛犬自体が排泄物で汚れてしまいますので、一日がかりで世話をしているという飼い主の方も少なくありません。
とはいえ、飼い主にも生活があり、愛犬のお世話をするために必要な費用を稼ぐために働かなければならない人もいるでしょう。
老いと共に愛犬の夜鳴きがひどくなり、夜眠れない、近所からクレームが入るなどでまいっている飼い主もいます。

老犬のお世話は、人間の介護ほどではないにせよとても大変なものです。
こうした飼い主の負担を軽減すべく、「老犬介護サービス」を展開している企業があります。

老犬介護サービスの存在

動物愛護管理法により、ペットの終生飼育がより徹底されたことから、飼い主はペットを最期まできちんと飼育することが義務付けられました。
しかし、毎日老犬の面倒を見ていると、飼い主が心身ともにまいってしまうことになりかねません。

老犬介護サービスでは、老犬のお世話を全般的に行っています。
主な介護としては、自力歩行ができない老犬のリハビリや、動くことができず床ずれができてしまっている老犬のケア、夜鳴きの対処など実にさまざまです。
利用においては、飼い主と担当者がまず細かいカウンセリングを行い、老犬介護サービスで愛犬にどのような介護を提供してほしいかということを徹底的にヒアリングします。
その後、カウンセリングに沿った形で介護が行なわれるという流れです。

犬の状態によって介護内容は異なりますので、ずっと入院しながら介護を受ける犬もいれば、スポットで利用する犬もいます。
飼い主の視点に立ち、臨機応変に老犬の健康をサポートしてくれるため、人気が出てきているサービスです。

介護の必要がない状態を保つための飼育

こうした老犬介護を受ける必要がないように、愛犬が元気なうちからしっかり健康管理をしておくのは、飼い主の大切な仕事になります。
若いうちからしっかり散歩やレジャーなどで筋肉をつけ、最期まで自力で歩ける体をつくてあげる、病気になりにくいようエサに気をつけるなど、早いうちからできることはたくさんあります。
老犬介護を検討すると共に、早速今日から健康を意識したお散歩や愛犬への食事を取り入れてみてはいかがでしょう。