ペットロスの克服方法

ペットは家族同様の存在

「お犬様」ではありませんが、ペットを大切にしすぎるがあまり、常識範囲外のことをしてしまうのは別として、愛情の面ではペットは家族同様の位置づけである飼い主がほとんどだと思います。
人間のように会話はできないけれど、辛い時に寄り添い、楽しい時は一緒に喜んでくれるペットの存在は、長い間飼い主の心の支えになってくれたはず。

けれど、残念ながら多くの動物は人間より寿命が短いため、飼い主より先に天国へ旅立ってしまいます。
急な別れに飼い主の心がついて来れず、「ペットロス」という症状に陥ってしまう人が多いのだそうです。

ペットロスとは?

ペットロスは、愛していたペットとお別れしてしまうことで、精神状態を正常に保てなくなってしまうことをいいます。
何かあったわけでもないのに、急に悲しい気持ちになって号泣してしまったり、過食や拒食の症状が出る、幻覚やめまいが起きる、睡眠障害が起きるなどの症状が現われます。
ひどい人になると、熱が出たり嘔吐が止まらなくなるなどの症状が出てしまう人もいますので、かなり深刻です。

ペットロスになりやすい人は、何よりも、誰よりもペットを愛していた人、自分の子どものような存在だった人、ペットに対して「もっと愛してあげればよかった」などの後悔がある人だといわれています。

昔もペットは飼い主からたくさんの愛を受けて飼われていましたが、今は飼い主のペットに対する気持ちがより深くなっている人が多く、ペットロスの症状が出る人は年々増えているようです。
ペットが家族同様の存在であったという気持ちはとても理解できます。
しかしペット亡き後も、飼い主の人生は続いていきますので、できるだけ早くペットロスを乗り越えなければなりません。

ペットロスを克服するには

ペットロスから抜け出すには、まずペットが死んでしまったという事実をしっかり受け止めることが大切です。
もちろん死んでしまったということは理解しているはずですが、心のどこかで事実を受け入れていない場合、ペットロスの症状が出てしまいます。
ペットはもういないということを理解し、ペットと過ごした時間はとてもよい思い出だった、と認識することで、ペットロスを克服できるといわれています。

悲しみにふける時間がありすぎる人は、趣味や習い事を始めるなど、少し忙しい生活をおくることで、ペットロスの症状が軽減されることもあるようです。
ずっと家にふさぎ込んでいるとどうしても辛い気持ちが湧き起こり、ペットロスの症状が出てしまうことがありますが、体を動かすなど心身をリフレッシュすることで、元気を取り戻せるケースは多くあります。
ペットも大好きな飼い主の悲しい顔は見たくないはず。
一日も早く元気を取り戻し、ペットとの楽しい思い出を大切にしてください。