災害時の準備!ペットと逃げる準備はできてますか?

防災準備は整っていますか?

日本全国で震災や豪雨などの天災が続き、これからの日本が心配だという人も多いのではないでしょうか。
たとえ心配な状態だとしても、前向きにしっかり生き抜くために、日頃から防災準備はしっかりとしておきたいものです。

ところで、猫を飼っているそこのあなた。
猫のための防災準備はちゃんとできていますか?
もしかして、人間の防災準備しかしていないなんてことはないですよね……?
人間のもしていないというのはそれ以下の問題ですので、これを気に人間用も愛猫用も、防災グッズをしっかり揃えてみませんか。

猫のための防災グッズ、食事編

やはり、人でも猫でも何より大切なのは食事です。
愛猫が普段食べているキャットフードを一定量用意しておきましょう。
複数匹の猫を飼っている人は、それぞれの猫に合わせたキャットフードを用意すると運び出す時に大変なので、すべての猫が共通して食べられる種類のものを用意するとよいと思います。

普段ドライのキャットフードしかあげないという人も、できれば少量でよいので缶詰のキャットフードを用意しておくことをおすすめします。
これは災害時に具合が悪くなってしまった場合でも、缶詰のキャットフードは食欲が出て食べやすいということと、水分がない状態でも水分補給ができるという理由からです。

あと、飲料水の用意は必須。
人間用と共用でももちろん構わないのですが、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれている硬水は、猫の腎臓に負担をかけ病気を引き起こしてしまう可能性があるのでおすすめできません。
人間用の飲料水が硬水の場合は、猫用に軟水のミネラルウォーターを用意しておいてあげましょう。

猫のための防災グッズ、その他

そのほか猫の防災準備で必要なものとしては、持病がある猫の場合は動物病院で処方されている薬、愛猫とはぐれてしまった際に探しやすいよう猫の写真、猫のトイレをつくったりそのほかにも役立つと思われるカッターやガムテープ、マジックなどを用意しておくとよいと思います。
これらのアイテムは人間の避難グッズとしても役立つはずです。

防災準備をする上で大切なのは、災害時に持ち出しやすいよう最小限のものに抑えること。
人間用の防災グッズに猫自体を運ぶためのキャリー、そして猫用の防災グッズとなると、かなりの荷物になってしまいます。
家族がいて手分けして運べるなら別ですが、一人暮らしの人はそれらの荷物をすべて自分で運び出さなければなりません。
猫のキャリーは手で持つことになりますので、防災グッズはリュックサックなど肩からかけられるバッグに収納し、スムーズに運び出せるよう玄関などの出入り口のそばに用意しておくとよいでしょう。