ペットの里親になるにはどうすればいい?

里親という形でペットを迎え入れたい

ペットの飼育を検討する際、ペットショップやブリーダーから購入するという人もいますが、里親募集に応募してペットを迎え入れたいと考える人も多いです。
里親としてペットを迎え入れるメリットは、やはりペットを購入する費用がかからないという点が大きいと思われます。
里親を募集している動物はたくさんいて、かわいい仔犬や仔猫も多いので、一生付き合っていけそうな動物に出会える可能性は高いです。

そして、捨てられてしまった動物の命を救ってあげられるというメリットもあります。
里親を募集している動物は、山に捨てられていた子、虐待を受けてケガをしたまま放置されてしまった子など、さまざまな境遇の動物たちがいますが、やはり何らかの寂しい思いをしているという点は同じです。

里親を募集している施設や団体

動物を引き取り里親を募集している施設や団体は、地域の保健所や動物愛護センター、里親募集のボランディア団体などさまざまなところがあります。
どの団体もホームページを開設していて、里親を探している動物の写真を掲載し、各動物のデータも掲載していますので、新しい家族になるペットを探しやすいです。

こうした団体は、SNSでも里親募集を呼びかけていることが多いので、ご自身がSNSに登録されているのであれば、里親募集情報を検索してみるのもよいでしょう。
いずれにせよ応募から受け入れまでは迅速に行なわれますし、不明点についても問い合わせれば丁寧に答えてもらえますので、まずはご覧になってみてください。

里親になるにあたり気をつけたいこと

タダで動物を飼うことができる、という安易な気持ちから里親を希望している人は、一度しっかり考えていただく必要があります。
里親募集では子犬や子猫もたくさんいますが、どちらかというとやはり成犬や成猫が多いです。
また、前述したように何らかのかわいそうな思いをして収容されている子ばかりですので、ペットショップのように毛ヅヤがよく、血統書のついた動物というのはまずいません。

団体によってはワクチンを接種した上で引き渡してくれるところもありますが、受け入れをしてからワクチン接種の必要がある動物も多いですし、捨て犬や捨て猫がほとんどなので、受け入れをしてから何かの病気が発見されるケースもあります。
ペットショップであればお金を支払って動物を購入しますので、さまざまな保証などもありますが、里親募集では保証などは一切付きません。

里親募集で動物を受け入れ、飼い主もペットも幸せに暮らしている実例はたくさんありますが、こうしたマイナス面も加味した上で、里親募集に応募されるようお願いしたいと思います。
長いお付き合いになる、あなたにぴったりのペットが見つかるといいですね。