飼い主必見!ペットに食べさせてはいけない食材

犬に適さない食材とその理由

たまねぎ、ネギ、ニラ、にんにくなどを犬に食べさせてしまった・・・という人は意外と少なくないようです。
しかし、昔から、犬だけでなくペットに食べさせてはいけない食材として、これらの食材が知られています。
なぜ、食べさせてはいけないのかというと、それは「吐き気、嘔吐、衰弱の原因になる」からです。

人の場合、アレルギー症状を引き起こす食材を食べてしまった場合、呼吸が辛くなってしまうという問題が割と早い時間に発生しますが、ペットの場合は、即重い症状が出る・・・とは限りません。
そのため、少量を数回にわたって食べさせてしまい、結果的に食べさせてはいけない食材の影響で、重い症状に悩まされるペットが存在するのです。

他にも、「チョコレート」にも同じことが言えます。
少量であれば大きな症状を引き起こすことが少ないため、問題がないのでは・・・と思っている人もいます。
ですが、チョコレートを多く食べさせてしまうと、昏倒(こんとう)してしまうことも多く、そのまま病気や死に至ってしまうケースもあるのです。

犬にとって消化できないものがずっと体内に残ってしまうため、このような問題が起きるとされています。
しかも、猫や犬は強く飲み込んでしまうため、食後に吐かせるのも難しいのです。
なので、このような食べさせてはいけない食材は、間違って食べさせないように配慮しましょう。

猫に食べさせてはいけない食材

犬と猫は構造的に良く似ているとされていますが、好きな食べ物の傾向も似ていることがあります。

例えば、「甘い、濃い」といった味わいのものを口に入れてしまうと、流し込むような形で食べてしまうことが多いのです。
そのため、猫であっても「タマネギ、ネギ、にら、にんにく」を食べさせないように注意しましょう。

猫の場合、長ネギといったネギ類を食べてしまうと、「血液中の赤血球が破壊される恐れがある」ので良くないとされています。
食べてしまうと、症状として「貧血、血尿」が表れやすくなるとされているので、症状をチェックする際は、血液に絡んだトラブルが起きていないか確認しましょう。

他にも、「イカ」を食べさせてしまうとビタミン欠乏症を起こしてしまいます。
これにより、「腰がふらついてしまう、もしくは消化不良による嘔吐」が確認されることが多いため、猫に対して食べさせてはいけない食材とされているのです。

生のイカ、加工されたイカともに猫にとっては良くない食材でもありますので、加工されているものや、人に対して高い安全性が保たれている食材(加工されているらっきょうなど)であれば、ペットであっても、安心して食べられるということはありません。