猫砂の比較

ユニークな猫砂を比較

今では10種類以上の猫砂が販売されておりますので、昔に比べて、色々な用途に対して猫砂を選んで購入できるようになってきています。

なので、今回は猫砂の比較として、現代らしいコンセプトで開発されている猫砂の比較を行わせていただきます。
まず、現代において注目を集めている猫砂の中には、「お茶を上手に使った猫砂」があります。
猫砂というと、サラサラとした砂を敷き詰めるためのもの・・・と思ってしまいますが、それでは「トイレの問題、臭いの問題が解決しない」のです。

しかし、お茶の成分が配合されている猫砂であれば、「良い香りで猫がトイレに誘われる」という効果があります。
トイレの躾(しつけ)を簡略化できるということで、このようなユニークな猫砂も評価されるようになってきました。
ただ、紙タイプなので散らばりやすい猫砂なのは確かでしょう。

もし、固まりやすく、値段も安い猫砂を探しているのであれば、「デオサンド」という猫砂を購入すると良いです。
デオサンドは、「ボリュームがある、袋自体が重くない」という利点を備えています。
ただ、先ほどのお茶の猫砂と比較すると、猫砂の粒が大きいので、気持ち良いトイレにならない猫も存在します。

猫は、成長のたびにトイレに対しての問題が発生しやすくなるため、なるべく気持ち良くトイレをして欲しいと思っている方は、お茶の猫砂を購入されると良いでしょう。
また、猫によってはデオサンドだと使用頻度が落ちることもあります。
なので、躾を意識する上ではデオサンド以外の猫砂のほうが、飼い主、猫にとって丁度良い猫砂と言えるでしょう。

定番の猫砂は?

今でも定番の「木製猫砂」についてですが、特にこれといった目的もなく、定番の猫砂を購入できればそれで良い・・・という人は、木製猫砂を購入されても問題ありません。

猫砂の利点は、「トイレに流せる、費用が平均的」という利点に優れるところです。
しかも、「木製猫砂は臭いが付きにくい、ひのきの香りがする」という利点もありますので、なるべく平均的な性能を持つ猫砂が良い・・・、という人にもオススメできます。

ただし、「袋のボリュームが大きいため重い、敷き詰めるのが面倒」という短所もあります。
複数の猫を飼っている場合、もしくは管理スペースに余裕がある人であれば、木製猫砂と相性が良いと言えるでしょう。
しかも、木製猫砂は「猫によって好き嫌いが分かれにくい」という長所もあります。

猫というのは、若い時に良く使用した猫砂を良く覚えているので、トイレの躾を上手にこなしたいという人と、木製猫砂は相性が良いです。
ただし、猫砂が器の外に飛び散ってしまうこともあるので、そのことを理解してから購入の検討を進めたほうが良いです。