アイペット損害保険会社のペット保険

ペットも病気になります

少子高齢化の波とは反比例して年々拡大しているのがペット市場。ペットはもはや大切な家族の一員です。
ですが、ペットを飼っていると避けられないのが人間と同じく病気やケガ。
病院にかかるとなると10万円以上の費用を請求され、家計に負担がかかるケースも少なくありません。

リーズナブルな保険料

近年では、そうしたペット市場の拡大と需要に伴いペット保険が各社とも続々と揃い始めています。
今回は、ペット専門の保険サービスの充実具合に定評がある損害保険会社、アイペットのペット保険についてご紹介したいと思います。アイペットの特徴は、他社の保険と比べて保険料がリーズナブルな点。
ペット保険の比較ランキングでも必ず上位にランクインしています。商品は、ペット保険「うちの子」とペット保険「うちの子ライト」の2種類のみと非常にシンプル。
では、各種保険について詳しく見ていきましょう。

補償プラン

アイペット損害保険まず、「うちの子」は、ガンを始めとした病気やケガなど、日々の通院から入院・手術までを幅広くカバーしています。
診療費を70%負担してくれる「70%プラン」と、診療費を50%負担してくれる「50%プラン」の2種類があります。
通院は1日12000円までを年間22日まで保障。
入院は70%プランの場合1日30000円まで、50%プランの場合は12000円までを年間22日まで保障。
手術の場合は、70%プランで1回15万円まで、50%プランで1回10万円までを年間2回まで保障してくれます。
ガンの他にも、消化器系や皮膚疾患、感染症まで幅広くカバー。
また、アイペットと提携している病院の窓口に「うちの子」の保険証を提示するとその場で負担分のみを支払うだけでOKな制度もあります。
もちろん、全国どこの動物病院で診療しても保障はしてくれるので大丈夫ですよ。
その場合は必要書類と請求書を送付し、30日以内に支払いを行ってくれるとのことです。
保険料は犬の場合は年齢と大きさ、猫の場合は年齢で決まります。
続いて「うちの子ライト」ですが、こちらの特徴は「うちの子」よりもはるかにリーズナブルな費用が魅力。
ただし、手術・入院費用は保障が適用されますが、通院に関しては適用外となります。
「うちの子」と同じく保険料は犬の場合は年齢と大きさ、猫の場合は年齢で決まります。大型、12歳以上という最も高額な値段の犬種の場合も月々5280円の保険料。
その凄さがおわかりいただけたのではないでしょうか。
どちらのプランもインターネットで申込みをすると保険料が10%割引されるそうです。
家庭のお財布事情に合わせることができ、しかも充実の保障内容。
ランキングでもトップクラスの人気を誇るアイペットの保険は、初めてペット保険に入ろうとしている人や、他社からの乗り換えを検討している人に最適なのではないでしょうか。